2016年

11月

20日

肥料作り

来年の肥料作りの開始です。お米の副産物のもみ殻、米糠をふんだんに使い、醗酵肥料を作ります。ガラスハウス内で冬期間、じっくりと微生物の力で醗酵させます。

早くも温度は50度に達し、あらためて微生物の醗酵熱に関心させられます。来年のお米、野菜のうまみを引出す大切な肥料となります。

続きを読む

2016年

10月

24日

学校田のお米(H28年)

稲刈り後、天日干し乾燥した稲の脱穀、及びその後のもみすり作業も終わり、ようやく玄米になりました。

収量は約100kg!

慣行農法に比べ収量はかなり少ないですが(面積約3a)、農薬を使わないで手塩にかけて育てた稲からお米が採れ、その体験をできた事に比べれば量は関係ないでしょう。

今日はお米の等級検査をJAの協力の元、JAのお米の倉庫で実施、見学しました。検査の結果、一等米と格付され子供達も喜んでいました。

 

今年も一年無事に小学5年生のお米授業が終了しました。子供達の将来にとってこの一年の体験が生かされると嬉しいです。

続きを読む

2016年

10月

14日

H28年の有機米の分析結果がでました

有機米の残留農薬検査と食味品質検査をつくば分析センターにて行いました。

例年通り、残留農薬は検査全成分(250成分)で検出無し。

 

食味は最高位のSランク。スコアは90とハイスコアでした。

(下記グラフ参照)

 

今年度産も安心して美味しいお米を食べていただけます!


続きを読む

2016年

9月

30日

稲刈り、はさがけ(H28年)

学校田の稲刈りです。苦労して育てた稲がみのり、ようやく今日に至りました。最近の雨模様で田んぼのぬかるみに足を取られながら、子供達が手で刈り、保護者が束ねる作業です。

稲刈りが終わったら天日干しをします。学校のプールサイドまで稲を運び、プールの柵にはさがけしました。

続きを読む

2016年

9月

05日

田んぼのヒエ取り(H28年)

小学校の田んぼのヒエ取りを行いました。今まで4回も手取り除草をしていますが、取りきれなかったヒエが一面に広がってます。子供達は長袖長ズボン、長靴、手袋、水中メガネ?と重装備をしてヒエの穂をはさみで切っていきました。

続きを読む

2016年

8月

31日

洋子さんの新たな出発

農園のお手伝いをしていた洋子さんが、当農園から暫時お別れすることになりました。新たな目標に向かって進んでいくとの事。花を愛する心を持ち、細かい畑仕事を快く、手際よくやって頂き本当に感謝いたします。

洋子さんの益々の活躍を期待します!

2016年

8月

10日

米の専門誌に農園が掲載されました

食糧ジャーナル

お米の専門情報誌に当農園が掲載されました。

雑誌は「食糧ジャーナル」の2016年7月号。先日開催された、新潟米産地プレゼン&商談会の特集記事としてです。

JAS有機米を全面に出し、紹介して頂いています。

著作権上、記事の掲載は割愛しますが関心ある方は是非読んでみて下さい!(7月号の111頁)。

2016年

8月

09日

H27年産有機米の食味スコアについて

残留農薬検査を依頼しているつくば分析センターから食味値をまとめたデータが届きました。

H27年産の有機米の食味値は84でしたが、これが全体のどの位の位置にいるのかを示したデータです。

同分析センターの過去3年間の全データ(n=908)の中で、H27年の当農園のお米は上位の位置にいると言えます。

 

 

食味値のまとめ
過去3年間の全データの中で当農園の数値は上位に位置
2015年度食味データ.pdf
PDFファイル 78.9 KB

続きを読む

2016年

8月

05日

中学生が民泊に来ました

今年も東京の中学生が我が家に農業体験に来ました。野菜の収穫や草取りを手伝ってもらいました。

家の子供達は毎年この民泊を楽しみにしていて、お姉ちゃんと遊んでもらい今年も大喜びでした。

2016年

7月

12日

東京で商談会

商談会でプレゼン

お米の商談会で東京に行ってきました。

日々の仕事で忙しい中、何とか発表のプレゼン資料、ブースでの展示資料を作りました。

会場では多くの実需者が来場し、多くの方とコンタクトをとることが出来ました。

たまには正装して出かけるのも刺激になっていいものですね。

続きを読む

2016年

6月

27日

苺ときゅうり

きゅうりの芽

ちょっと遊び心で苺の畑にきゅうりの種をまいたのが芽を出しました。

さて、今後の成長がどうなることやら楽しみです。

2016年

6月

27日

朝露が幻想的です

朝露

朝の田んぼの見回り中、稲の葉についている朝露が綺麗で写真を撮りました。

2016年

6月

23日

雨の中で…

田んぼ除草の毎日…。

今日は雨の中頑張りました!

2016年

6月

21日

田んぼの中の生き物達

トンボ

田んぼの除草中、色んな生き物に出くわします。

この日は天気も良く、トンボとカエルが気持ちよさそうに日光浴?していたので写真をとりました。

ヤゴからトンボになった抜け殻も見つけました。

続きを読む

2016年

6月

18日

新しい除草機

和同除草機

新しい除草機が来ました。(和同産業製)

この機械はスクリューの爪で土を下から上に攪拌しながら草を引き抜きます。

今まで有機栽培のネックとしていた株元の除草に効果を発揮します。

続きを読む

2016年

6月

15日

学校田 除草(H28年)

学校田の除草も今日で2回目。一週間前と同じく腰をかがめ手で除草します。

先週除草したばかりなのに今日は稲と同じくらいに伸びた雑草に驚きです。

「農薬を使わないとこのように草が生えてくるんだよ」と教えながら、除草をする子供達。でもヒエと稲の区別が難しく稲を踏んだり抜いたり…。この後、私が回転式の除草機を入れたのですがもぐった稲を出したり、倒れた稲を起こしたりでかなり苦労しました。

 収量うんぬんよりも、子供達に田んぼの勉強させるのが第一です!

2016年

6月

01日

田んぼの除草開始

田植えが終わり一安心するのもつかの間。農薬を使わない有機の田んぼでは雑草の生えるのもスタートします。と、同時に除草作業も開始。

まずは自作のチェーン除草器を田んぼの中で引っ張ります。長い木の棒に加工したヒル釘をいくつも付け、その釘に短く切ったチェーンを繋いだものです。土を引っかきまだ小さい雑草を除去します。しかし除去できる雑草は僅か…。これから雑草との戦いが始まります。

続きを読む

2016年

5月

30日

ネセシテさんのランチ

小千谷市内のベジカフェ・ネセシテさんでは、当農園の玄米を使って頂いています。野菜もよく使ってもらっています。

これはある日のネセシテさんのランチです。
素材の旨味を引き出し、丁寧に作られたお料理は、見た目もきれい。
絶妙な炊きかげんの玄米も、もちっとして美味しいです。
素敵なBGMと落ち着いた雰囲気のベジカフェ・ネセシテさん。
「ごちそうさまでした♪」

ネセシテさんのホームページはここ

2016年

5月

27日

花、花、花…

続きを読む

2016年

5月

24日

小学校の田んぼで田植え(H28年)

小学校の田んぼで子供達と田植えです。

田植え定規を転がし、田んぼに跡をつけ、そこを目印に苗を手で植えていきます。

素足で田んぼ入る子供達。初めて経験する子供がほとんどでいい体験になると思います。

今後も"子供達の田んぼの勉強"を第一に、お米作りをフォローしていきます。

商品のご案内

有機米 魚沼産コシヒカリ

有機米 魚沼産コシヒカリ

農薬、化学肥料未使用の有機米の魚沼産コシヒカリです

購入はこちら

特別栽培米 魚沼産コシヒカリ

有機米 魚沼産コシヒカリ お試し

 

 

新潟県認証の特別栽培米。

購入はこちら

有機米 魚沼産こがねもち

有機米のもち米。少量生産の為、数量に限りあります。

購入はこちら

 

 

有機JAS

 

 

特別栽培

農産物

エコファーマー
小千谷市
小千谷観光協会

魚沼わたなべ農園

お気軽に連絡下さい!

〒947-0052

新潟県小千谷市千谷甲1962

 TEL: 0258-82-5637

 FAX: 0258-82-5637

 E-mail:

  earth223@outlook.jp

 

お問合せはこちら