2015年

7月

30日

ささげ豆の支柱倒れる

ささげ豆のつるが伸び大きく成長しました。思った以上に大きくなり、支柱が折れてしまいました。もっと強い支柱にしておくべきでした…。来年に向けての反省点です。

豆は実をつけ始め、まもなく収穫時期を迎えます。

2015年

7月

25日

トマト最盛期

無農薬トマト

トマトが最盛期です。収穫したトマトは一つ一つタオルで拭き、翌日出荷します。暑い夏は冷やしたトマトにちょっと塩をつけて食べるのが最高に美味しいです。農薬を使ってない為、生で安心して食べられます。

2015年

7月

21日

有機田と慣行田の畦の違い

有機の田んぼは畦も農薬を使わないので草が生えてきます。この写真は左は有機田、右は慣行田の間の畦です。慣行田では畦に除草剤を使うため草が枯れてます。除草剤の力はすごいと思いませんか?ちょっと怖く感じてしまいます。このように慣行田に隣接する有機田の畦際の稲は一定の距離を"別刈り"して有機米にはしません。

2015年

7月

11日

ささげ豆

ささげ豆もすくすくと成長しています。ネキリ虫に食われたりアブラムシに耐えながらもここまで育ちました。ささげ豆は蔓(つる)性の作物の為、今年は支柱を立てネットをかけてみました。今後の成長が楽しみです。

2015年

7月

11日

里芋の成長

里芋

春はとう菜、初夏はシソと収穫を終えた畑は今度、里芋の番です。春にとう菜の畝の肩にシソと里芋を定植しておいたものです。畑の色も大きく変化しました。とう菜の緑、シソの紫、再び里芋の緑…。秋の里芋の収穫に向けてまだまだ手が離せません。

2015年

7月

02日

学校田 除草2回目(H27年)

学校田の手除草2回目です。稲も成長し大きくなりました。と、同時に草も大きくなってます。1回目の除草で取りきれなかった草、またその後に生えてきた草を皆で取ります。稲と草(特にヒエ)の区別がちょっと難しく、教えながら行いました。

続きを読む

商品のご案内

有機米 魚沼産コシヒカリ

有機米 魚沼産コシヒカリ

農薬、化学肥料未使用の有機米の魚沼産コシヒカリです

購入はこちら

特別栽培米 魚沼産コシヒカリ

有機米 魚沼産コシヒカリ お試し

 

 

新潟県認証の特別栽培米。

購入はこちら

有機米 魚沼産こがねもち

有機米のもち米。少量生産の為、数量に限りあります。

購入はこちら

 

 

有機JAS

 

 

特別栽培

農産物

エコファーマー
小千谷市
小千谷観光協会

魚沼わたなべ農園

お気軽に連絡下さい!

〒947-0052

新潟県小千谷市千谷甲1962

 TEL: 0258-82-5637

 FAX: 0258-82-5637

 E-mail:

  earth223@outlook.jp

 

お問合せはこちら